About Us

■名称
一般社団法人グローバルフットボールマネジメント(GFM)
■概要
一般社団法人グローバルフットボールマネジメント(GFM) GFMは、レアル・マドリード財団(Fundación Real Madrid)よりレアル・マドリード公式サッカースクール「レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン」を日本国内に開校する独占権を有する唯一の法人です。
■代表理事
増田 稿平(兼レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン代表)
■所在地
東京都足立区東綾瀬2丁目13番5号-501号
■設立
2012年4月
■目的
日本国内の少年・少女に対して、サッカーを通した国際交流及び文化交流を普及し、推進するため、サッカースクールの組成・運営を通じて、外国のサッカークラブチームで蓄積されたサッカー技能を伝達すること、国際的なサッカープレイヤーを育成すること並びに少年・少女と諸外国のサッカークラブとの交流を促進することを目的とする。
■事業
(1)諸外国のサッカークラブチームで蓄積されたサッカー技能及び指導方法に関する調査並びに研究
(2)日本国内における少年・少女を対象とするサッカースクールの組成及び運営
(3)少年・少女を対象とするサッカースクールの組成・運営に関する助言
(4)諸外国のサッカークラブチームで蓄積されたサッカー技能の伝授及び普及
(5)諸外国のサッカークラブチームで蓄積された指導方法の伝授及び普及
(6)少年・少女サッカープレイヤー及び指導者の育成
(7)諸外国のサッカークラブチーム等を通した国際交流及び少年・少女に対する国際交流の機会の提供
(8)諸外国のサッカークラブチームに関する調査、研究、日本における広報及び普及活動
(9)全世界におけるサッカー興行等を通じた慈善活動
(10)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事
■協力
株式会社デスティネーションズ(DES)
GFMは、経営資源が整っているDESにスクールの運営を委託しています。
【レアル・マドリード財団(Fundación Real Madrid)】概要
レアル・マドリード財団(以下レアル財団)はレアル・マドリードが 社会・文化の啓蒙活動を通じて社会的責任を果たすための主体です。
レアル財団の主な目的はスポーツの内在する価値を促進し、その価値を教育の手段として活用し、社会とのつながりの場を提供し、スポーツに関連する文化的側面を普及することにあります。
また、スポーツを教育の手段として、スペインとその他全世界においてその内在する価値を促進することにあります。
財団はスポーツの鍛錬を通じて人格形成に貢献したり、社会から疎外されている人々を社会に復帰させることに貢献できると考えています。
また、スポーツに関連する文化的側面を広げることに貢献したいと考えています。
レアル財団は政府の各部局や国内、国外のスポンサーからの支援、レアル・マドリードやマドリディスタ達からの寄付金といった各方面からの支援のおかげで成り立っています。
レアル財団の活動は大きく5つの分野に分けられます。
スポーツ振興、スポーツを通じた教育による価値観の形成、社会貢献事業、国際協調、企業としての活動です。
レアル財団は毎年監査を受け、その結果を理事会と教育スポーツ省に報告します。これらの報告内容はクラブの年次レポートと財団の発行しに公表されます。 ≪ホームページ≫http://www.realmadrid.com/ja/about-real-madrid/foundation
【株式会社デスティネーションズ】概要
名称:株式会社デスティネーションズ(DES)
代表取締役:増田 稿平
所在地:東京都足立区東綾瀬3丁目10番3号-713号
資本金:1,000万円
設立:2010年6月

【メンバー】
増田 稿平
一般社団法人グローバルフットボールマネジメント代表理事
レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン代表
株式会社デスティネーションズ代表取締役

1969年9月9日生
1988年3月 西武学園文理高等学校 英語科 卒業
1994年3月 早稲田大学 政治経済部経済学科 卒業
1994年4月 株式会社オリエンタルランド 入社
2007年12月 株式会社オリエンタルランド退社

入社後2年間は東京ディズニーランド内でのゲストサービススタッフ勤務。
その後、株式上場のタイミングで経営企画室へ異動。関連資料の作成、中長期経営計画の策定業務を担当。東京ディズニーシープロジェクトの正式スタートとともに、「テーマパークからテーマリゾートへ」の発展を宣言した『東京ディズニーリゾート構想』を提案し、施設、サービス、ブランディングの全てをリゾート全体のトータルでマネジメントする専門部門を立ち上げた。

Non Disney Brandホテル「パーム&ファウンテン テラスホテル」を企画。
用地探索、交渉、コンセプトデザイン、マーケティングプラン、事業計画、ネーミングまで担当。

東京ディズニーシーが開業した翌年2002年より新規事業開発部門へ異動。
ハワイオアフ島、バリ島、シンガポール、マレーシアなどに長期滞在し、テーマパークマーケティング、スモールラグジュアリーリゾート開発、ホテルの買収検討、街デザインなどを担当。この間、アジアを中心とする様々なラグジュアリーリゾート、スパの体験を蓄積。
2007年より沖縄プロジェクトを立ち上げ。本島北部においてテーマパークのような街開発、リゾートホテルの構想・企画を行った。
2008年1月独立。スパやリゾートホテルのセットアップ(開業)コンサルティングを経て、2010年6月、株式会社デスティネーションズを設立。
2012年4月、一般社団法人グローバルフットボールマネジメントを設立。


飯生 透
レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン事務局長

1964年4月17日生
1983年3月 千葉敬愛高等学校 卒業
1987年3月 千葉敬愛経済大学 経済学部 卒業
1987年4月 株式会社第一興商 入社
1995年1月 株式会社第一興商 退社
1995年1月 大新東株式会社 入社
2015年9月 大新東株式会社 退社

株式会社第一興商ではカラオケ番組の出演者オーディションから制作・放映を担当。
大新東株式会社では、約20年間、東京ディズニーリゾート内のバス製作から道路形状、幅員、軌道などの全てのバス運行に関するスペシャリストとして、企画・立案。運行を一手に請負う。


太田 誠
レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン認定コーチ

1983年12月25日生
2002年3月 茅ケ崎西浜高校 卒業
2004年3月 産業能率短期大学 コミュニケーション学科 卒業
2004年3月 ヒューマンアカデミースポーツカレッジ 卒業

短大・専門学校卒業後、地元フットサルクラブ契約コーチ・施設運営スタッフとして従事後、ブラジルへ単身留学。ブラジルにてプロチーム(São José Futsal Vale Sul)へ練習生・コーチ研修性として参加、ブラジル南米サッカーを選手・コーチ目線で学び、海外経験・グローバルな思考を蓄積、帰国後神奈川・静岡に店舗を構えるフットサル場にて施設マネージャー・サッカースクールヘッドコーチとしてフットサル施設並びにサッカースクールの運営、管理、新規店舗立ち上げ等に従事。
その後自身の経験蓄積のため、一部上場企業子会社へ転職(営業推進課、営業課)。
2年の経験を経てレアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパンの理念に共感し、コーチ就任。


瀬村 晃久
レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン認定コーチ

1986年9月11日生
2005年3月 日本大学藤沢高等学校 卒業
2009年3月 桜美林大学 文学部 健康心理学科 卒業
2009年4月 藤嶺学園藤沢中・高等学校 保健体育教師
2014年3月 退職
2014年4月 レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパンコーチ就任

中学時代は静岡県の中学校にサッカー留学をし、全国準優勝を経験、高校時代も部活に所属し毎日サッカーに明け暮れる。
部活を引退後、サッカー指導者(教員)になりたいと夢を持ち、教職が取れる大学に進学。
大学在学中はボランティアで地域の少年団のコーチをしながら教員資格取得のための勉強とスポーツ心理学を4年間学ぶ。
また大学在学中にフットサルの競技スポーツとも出会い、打ち込む。
教員資格取得と同じタイミングでフットサルのプロテストを受け合格。
教員かプロ選手か迷った末、教員の道に進む。
教員時代は、中学生と高校生の授業を担当し部活の顧問も担当。
教員5年目のタイミングでレアルマドリードファンデーションスクールからオファーがあり、コーチ就任。


宇高 健介
1974年7月12日生
1993年3月 麻布高等学校 卒業
1999年3月 東京大学 文学部 行動文化学科 社会学専修過程 卒業
1999年4月 株式会社オリエンタルランド 入社
2012年4月 株式会社オリエンタルランド退社

株式会社オリエンタルランドにて約13年間、OLCグループ内におけるリサーチ活動全般の統括業務に携わる。
具体的には、テーマパーク事業やその他事業に関する調査の企画・立案、実施、分析、各組織への提案・活用方法助言・浸透等。
東京ディズニーリゾートの基本戦略や東京ディズニーシーのブランド戦略などにリサーチの立場から携わる。